熟睡する為にするべきこと

夜熟睡が出来ないという人たちは多分寝る前にスマートフォンやパソコン等で目を酷使して大量の情報を目から取り入れているからだと思います。

目から情報を大量に見てしまうと脳が覚醒してしまい情報を処理できずに睡眠時間が減ってしまい、寝る時間にずれが出てきてしまいます。

この寝る時間のずれもやっかいで、夜の9時に眠れていた人がだんだん朝の3時にしか眠れなくなると仮定すると、仕事に行く時間が朝6時だとすると3時間しか眠れないといった悪循環を生んでしまいます。

熟睡するためには睡眠の質と睡眠時間が重要で眠れる時間が減ってしまったり熟睡できずに夜おきてしまうといったことがある場合は、自分なりの熟睡するための方法を探って、睡眠の改善をはかったほうがいいと思います。

私の体験ではまず体内時計をリセットする為に朝、日光を浴びる事をすると睡眠時間のずれが緩和したように思います。

次に寝る前にはパソコンでの仕事やテレビを見たりはしないことです。テレビやパソコン、スマホは目に入る情報が多く脳が覚醒してしまったり、テレビ番組だと続きが気になったりしたりパソコンでは仕事の続きが気になったりと睡眠以外の事を気にするようになり眠れなくなりました。

ですから寝る前にはできるだけパソコンでの仕事はせず、テレビやスマホは見ないといった事をしています。パソコンでの仕事やテレビを見ないことで、その事が気にならなくなったために熟睡できるようになりました。

要は仕事やドラマ等人間は、続きを気にする傾向が強いのであえて続きを気にしない状況を作り出し、続きに関してのストレスを減らすことで自然と眠れる状態に持っていくといったことが当時の私がしていた熟睡するための方法になります。

私の場合は最低でも7時間は眠れないと体の疲れが抜けないためその事を考慮して練る時間を大体でいいので決めていました。きっちり、この時間に寝ようとすると帰って焦ってしまい逆効果になるのを防ぐためです。

人間、焦ると眠れなくなるのは常識で、大体でいいので自分にあった睡眠時間を割り出して逆算して大体の寝る時間を決めて眠れる用にしたらいいと思います。