思春期のニキビ

思春期ニキビが出来る原因は様々です。皮脂腺が活発になる原因の一つに男性ホルモンがあります。性別は関係なく、思春期には男性ホルモンが多めに分泌されます。一般的には、思春期にこれらの皮脂腺の働きが活発になることで、ニキビが増えるといわれています。思春期の時期(13歳頃から18歳頃まで)には、女性でも男性ホルモンの分泌が高まります。男性ホルモンは毛穴の皮脂腺に影響し皮脂がたくさん分泌される原因になるため、思春期に発生するニキビの原因になっていると考えられているのです。皮脂腺からは絶えず皮脂が分泌されているものですが、思春期には分泌量が増えて毛穴の角質層が厚くなります。白ニキビは皮脂によって狭まった毛穴に脂肪が詰まることで発生するもので、白いものは脂肪分です。この白ニキビにニキビ菌がとりつくと毛嚢の部分が炎症を起こし、膿などもできて赤く腫れた赤ニキビになってしまいます。このように思春期のニキビが出来た人は、大人になれば治ると思われる場合が多いです。ホルモンバランスの乱れは思春期の終わりに頃には元通りになるので、ニキビの大半はなくなります。過剰な皮脂分泌は男性ホルモンの減少に伴って次第に落ち着いてくるので、思春期の終わり頃にはニキビも少なくなっていきます。ニキビにならないためには、思春期の頃は過度な化粧をせずに皮膚を清潔にしておくひとも大事です。

ポータブル電源『Jackery ジャクリ』の選び方|レビュー動画もご紹介します!