ピーリング化粧品の種類

ピーリング化粧品の種類には、AHAピーリング、サリチル酸ピーリング、サリチル酸マクロゴールピーリング、TCAピーリングと様々です。グリコール酸(フルーツ酸)を使ったケミカルピーリングは、日本において自宅でもできる一番人気といえるピーリング化粧品です。ピーリングの効果は、日本人や韓国人、中国人などの黄色人種の人が持つ肌質に対して、大きすぎる場合があり、そのためにお肌にシミができてしまうときがあります。強いピーリングはあまり適さないと言われています。化粧品を使ったピーリングの方法の他に、施術によるピーリングがありますが、この場合グリコール酸(フルーツ酸)がうまく利用されていることがあります。黄色人種の肌質でも安全で効果的にピーリングができるようです。もうひとつ、ピーリング効果をもたらす成分にリチル酸がありますが、これは医薬品として合成されたものとしては初めての有機化合物の一つです。このようなリチル酸でピーリングを行えば、グリコール酸ピーリングではあまり効果が出なかった方や、ひどいニキビ跡が悩みの種だった方、小ジワが気になっている方なども満足を得られることでしょう。ピーリングで使われるリチル酸は、エタノールに解かしてから用いられています。しかしこのリチル酸使用後に炎症などの副作用が起こる場合があることがわかり、安全面を再度検証する必要があるようになりました。そういうわけで、ピーリングは施術として受けるのは大変を伴う危険なことでもあると言われるようになりました。このようなわけで、日本人のように色素の多い人がケミカルピーリングを行う場合には、副作用の心配のない低濃度のフルーツ酸を繰り返し塗布する、というやり方が一番安心な方法のようです。

Mintme センシティブウォッシュの特徴・効果|ムダ毛ケアまで出来るって本当?